茨城の紫陽花スポット!ひぬまあじさいまつり [茨城県茨城町]

風景写真とカメラを目一杯

楽しむ為の写真ブログ

Makoto igari's Field Workへ

ようこそ!

ラムサール条約保護区涸沼

やって来ました!

涸沼と書いて"ひぬま"と呼びます。

日本語が苦手な僕も

最初は読めませんでした。

こぬま?ひぬま?

そんな感じです(笑)


ちょうど涸沼を訪れた日は

あじさい祭り真っ最中。

見頃を迎えたアジサイの風景

撮影できてラッキーでした!

涸沼自然公園前の駐車場に車を止め

たくさんの紫陽花が咲く"あじさいの谷"を

徒歩で目指します。

自然公園なので徒歩は仕方ない。

いつ雨が降るか分からない空模様

だったので装備は必要最低限です。

"あじさいの谷"に向かう道中も

青紫色のあじさいが満開を迎えて

いました!

ちょっとした写真の撮影スポットでも

目的地へ向かう前にきれいな風景に

出会うとなんだかワクワクします(^^)

写真をクリックすると拡大します。

涸沼,ラムサール条約,あじさい見頃,
涸沼,ラムサール条約,あじさい見頃,
涸沼,ラムサール条約,あじさい見頃,
涸沼,ラムサール条約,あじさい見頃,
涸沼,ラムサール条約,あじさい見頃,
涸沼,ラムサール条約,あじさい見頃,

目的地の"あじさいの谷"へ到着

すると約1万株の紫陽花が見頃

迎えていました!

たくさんアジサイがあった為、

ややうる覚えですがほとんどは

ヤマアジサイだったと記憶して

います。

"あじさいの谷"では最奥部が

最も見応えがあるポイントで、

山の斜面一面に色とりどりの

満開の風景は撮りごたえがあります。

さらに、雨に濡れたヤマアジサイが

ツヤめく光景はまさに圧巻!

これで天気が良ければ尚良し

だったのですが、雨が上がった直後で

曇り空なのが少し残念です。

その写真が6枚目です。

3,4,5枚目の写真は、最も見応えのある

最奥部の手前のアジサイの風景です。

最奥部に比べ緩やかな斜面で

斜面の奥が木々によって徐々に細くなり

アジサイが密集している場所でした。

さらに木々の間から光が差し込む。

そんな感じの撮影ポイントで

個人的には、ここが一番良かったと

思います。



ラムサール条約とは


良く耳にするラムサール条約という

ワードですが、どんな意味だったのか

帰宅後調べてみました!

ラムサール条約とは、

特に水鳥の生息地として国際的に

重要な湿地に関する条約

と記載されています。

(出典:茨城県庁)


代表的な例をあげると白鳥などの

2万羽以上の水鳥の為に適した

湿原として登録された様ですね!

茨城にそんな世界的なところが!

という印象です。

すごいです!

またwikipediaみると

学校の社会科で習う、オアシスや

ツンドラ湿原,マングローブ樹林なども

ラムサール条約の対象になるようです。

またダム,貯水池の様な人工的なものでも

基準を満たすことで登録される様です。

(出典:wikipedia)

【 茨城県の風景写真】

モーニンググローリー,大洗海岸,日の出,
七夕,天の川,茨城県,
神磯の鳥居,夏,大潮,
桜山公園,桜のライトアップ,夜桜,
偕楽園,佐近の桜,ライトアップ,
千波湖の桜,千波湖の夜桜,桜のライトアップ
高戸小浜海岸,天の川,茨城県,
神磯の鳥居,日の出,絶景.
水戸,mitoume,梅まつり,
神磯の鳥居,日の出,満潮,
神磯の鳥居,天の川,星空,
神磯の鳥居,日の出,初日の出,


宜しければシェアお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バナークリックで応援の一票をお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

ブログランキング