光輝く夜の赤レンガ【横浜ベイエリア赤レンガ】

Makoto Igari's Field Workへ

ようこそ!

風景写真とカメラを目一杯

楽しむ為の写真ブログです。

夕焼けとみなとみらいの

撮影の続編です。

更新が遅くなってしまいました・・・。

夕薄に望むみなとみらいの記事は

こちらよりご覧ください → Link

夕焼けのみなとみらいを大桟橋から

望むと目が引くのが

赤レンガ倉庫のライトアップ。

夜の闇に光り輝く赤レンガ倉庫に

ついつい魅せられてしまいました(笑)

 

写真をクリックすると拡大します。

赤レンガ,ライトアップ,夜の風景写真,
赤レンガ,ライトアップ,夜の風景写真,
赤レンガ,ライトアップ,夜の風景写真,
赤レンガ,ライトアップ,夜の風景写真,

大桟橋からカメラと三脚を持って

赤レンガを望める場所からの撮影です。

1枚目は赤レンガ倉庫の目の前で

ドアップ写真です。

久しぶりのFish eyeを

使用してみました。

このレンズは焦点距離10mmなので

近くでまで寄っても

赤レンガの全体を画角に入れて

撮影できました。

なんと言っても良いのは

歪みによる迫力です。

2枚目はやや引いた位置から

赤レンガを2棟入れての撮影。

カメラの角度を水平にすると

超広角レンズの様な

構図をはっきしてくれます。

対角線Fish eyeなので

角度によって変化する歪み量が

変わっておもしろい!

写真に迫力が欲しいときに

Fish eyeを使用するのも

手かもしれません。

3枚目は、大桟橋から

撮影した写真です。

日も完全に落ちてしまったので

ホワイトバランスを

2800Kまで落とし都会の夜の青さの

中に赤々しく光る赤レンガを

強調しています。

都会の夜は青いというのは

僕の勝手なイメージです(笑)

4枚目は、像の鼻パークで下で

撮影してみました。

やっと像の鼻パークエリアで

撮影した写真が登場です(笑)

街灯が多く、長時間シャッターを

開いてしまうとフレアが・・・

白とびして赤レンガ倉庫が

見えなくなってしまうそんな印象。

かと言ってISOを上げてしまうと

ノイズが出てしまう。

くまでマニュアルでの

撮影にこだわりたい。

そんな葛藤を一人やってました(笑)


これで僕の横浜周遊記は

ひとまず終わりです。

今回はこちらの記事で書かせてもらった

夕薄に望むみなとみらい

大桟橋からの望むみなとみらいと

富士山は撮影できませんでしたが、

機会があればまた撮影に

訪れたいと思います。

よろしければシェアお願いします。

バナークリックで応援の一票もお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ 夜景写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

ブログランキング