五浦海岸迫る日の出と朝日【北茨城市五浦海岸】

Makoto Igari's Field Workへようこそ!

風景を写真を目一杯楽しむ為の写真ブログです。

明けました!新年があけてもう4日目。

今回は日の出を撮影する為に

景勝地として有名な五浦海岸にやってきました。

日の出の撮影は、神磯の鳥居で撮影した初日の出に続き連投です(笑)

初日の出とだるま日の出の記事はこちらをご覧ください。

神磯の鳥居と初日の出【2015ver】→ Link

波立海岸の鳥居とだるま日の出【いわき市久之浜】 → Link

神磯の鳥居での撮影では、海面上に雲が多くだるま日の出が撮影できませんでした。

海面からまるまるとした太陽が現れるそんな絶景が見たい!

今回は、そのリベンジです!

 

写真をクリックすると拡大します。

五浦海岸,六角堂,日の出,初日の出,朝焼け,朝日,
五浦海岸,六角堂,日の出,初日の出,朝焼け,朝日,
五浦海岸,六角堂,日の出,初日の出,朝焼け,朝日,
五浦海岸,六角堂,日の出,初日の出,朝焼け,朝日,
五浦海岸,六角堂,日の出,初日の出,朝焼け,朝日,

だるま日の出・・・見れず・・・

またしても、雲にじゃまされる展開。

完全に太陽が昇ってからの撮影です。

1枚目と2枚目の写真は300mm望遠レンズで撮影してみました。

僕の300mm望遠レンズは頂きものレンズで、

暗いレンズの為、フレアがおこりにくい特徴があります。

投稿した写真の様な、まるまるとした昇る太陽が撮影できました!

次は広角レンズでを使用しての日の出撮影です。

太陽は完全に昇っておる・・・。

 こうなるとまるまるしい太陽の撮影は難しい。

問題はレンズ内のハレーションである。

とりあえす、ND8をつけての撮影、それが3枚目です。

見事にフレアが起きました!

光芒の写真も好きなので、いつも良しとしています(笑)

だるま日の出は撮れなかったが、まるい太陽を撮りたい!

こうなったらやつの出番です。

ND400をつけて撮影した写真が4枚目です。

なんとかまるまるとした太陽が撮影できました!

そして光輝く海を通過する一隻の漁船。

素晴らしい風景です(笑)

それにしても今回撮影に訪れた五浦海岸はロケーションがすばらしい。

昇る太陽が、海面をキラキラと光らせる光景は

関東の松島とも異名を取る五浦海岸だけありました。

初日の出は日の出客やカメラマンで大変に賑わいをみせたのではないでしょうか。

場所の説明ですが、五浦海岸は北茨城市の北に位置します。

最近では、映画天心でも有名になった場所で六角堂と呼ばれる小さなお堂があります。

六角堂を簡単に説明してしまうと、岡倉天心の別荘のようなものです。

帰宅後に六角堂について調べてみました。六角堂 → Link

日の出と共に真っ赤に輝く六角堂もまた素晴らしい。

最後に日の出の撮影の際に

iphoneを空にかざして太陽の軌跡等をしらべていると

往年のカメラマンの方々から

なにしてんだ?とご質問を多く頂きます。

そこで、朝日や夕日を計算通りに撮影する方法をまとめたページのご紹介です。

相互リンク頂いているpix524さんからです。

朝日や夕日を計算通りに撮る方法

ぜひご参考にしてみてください。


よろしければシェアお願いします。

バナークリックで応援の一票もお願いします!

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 写真ブログへ

ブログランキング